グッドバイブスなコミュニケーション

コミュニケーションが変われば人生が変わる。人との関わりを最小限にするよりも、人間関係にストレスや恐れを抱かなくなるほうが数倍ラク。そのための具体的な方法をグッドバイブスの視点から解き明かす!

グッドバイブスなコミュニケーション

【グッドバイブスなコミュニケーション】防御を手放して自分が傷つかないことを知る

Avatar
著者:倉園佳三

これまで、どうすれば、攻撃を伴わない「真のコミュニケーション」が実現するかについて見てきました。その具体的な方法をひと言でまとめるなら、
「想像をやめ、準備を手放し、信頼をベースに凝視、傾聴しながら閃きを言葉に変えて投げ返す!」
ということになります。
もし誰かと会話するあいだこの姿勢を保つことができたとしたら、あなたから先に攻撃を繰り出すことはなくなるはずです。
でも残念ながら、相手はそうとは限りません。もし会話の途中で相手が激怒したり、攻撃モードで挑んできたりしたら、どう対処すればいいのでしょうか。
想像するだけで、「やはり人と関わることはできるだけ避けておきたい」というこの連載が始まったばかりの地点まで戻ってしまいそうな気がします。
でも安心してください。実はコミュニケーションにおける攻撃という概念もおおいなるイリュージョンのひとつに過ぎません。なぜならば、私たちは言葉によって傷つくことはないからです。

グッドバイブスなコミュニケーション

【グッドバイブスなコミュニケーション】信頼を礎に準備なしで会話するトレーニング

Avatar
著者:倉園佳三

前話までで、攻撃を伴わない「真のコミュニケーション」の基本の型は完了しています。すでに見てきた5つのステップをまとめると次のようになります。
① 私たちには76億分の1の違いと個性があることを受け入れておく。
② 本当は相手について何も知らないという事実を認める。
③ 相手の言動の裏にある意図や思惑を勝手に想像しない。
④ 受け身の姿勢で、相手の言動をひたすら凝視、傾聴する。
⑤ 現実の相手から、自分の発するべき言葉を教えてもらう。
おそらく、これまでのコミュニケーションとはまったく異なる作法であるはずです。
とくに、③の「意図や思惑を想像しない」から④の「凝視、傾聴」を経て、⑤の「現実の相手から教えてもらう」までを実践するためには、大きな発想の転換と慣れが必要です。
そこで今話は、この部分でつまずかないためのヒントと、一連の流れを習慣化するためのトレーニング方法について書いてみようと思います。

グッドバイブスなコミュニケーション

【グッドバイブスなコミュニケーション】想像や予想を手放して相手を凝視、傾聴する

Avatar
著者:倉園佳三

前話では、私たちを攻撃へと駆り立てる要因が、相手の行った現実の言動ではなく、それを受けて頭の中で創り出す負のイリュージョンにあるという事実を見てきました。
ここから、真のコミュニケーションを実現させるための、次のような行動指針が見えてきます。
・「本当は相手について何も知らない」という事実を認める。
・ 相手の言動の裏にある意図や思惑を勝手に想像しない。
最大の課題は、この「頭では理解できたこと」をどのように実践するかにあります。
「想像をしないと言うのは簡単だけど、本当にそんなことができるのか?」
「相手について何も知らず、心も読まないとしたら、何を拠り所に話せばいいのか?」
今週は、これらの疑問をまとめて解いていくことにしましょう。

グッドバイブスなコミュニケーション

【グッドバイブスなコミュニケーション】本当は相手について何も知らないと認める

Avatar
著者:倉園佳三

前話では、営業部長、企画部長、開発部長の三部長と、口、胃、足の三部位のやり取りを比較しながら、「淀みないコミュニケーション」とは何かについて見てきました。
もし私たちが、三部位のように血管や神経でつながっていたら、どれだけ主義主張が異なっていたとしても、最後には「利害が一致する状態」を創ることができます。
そして、「淀みないコミュニケーション」を実現するためのファーストステップは、
「私たちはそれぞれ、76億分の1の違いと個性をもっているから素晴らしい!」
という事実を受け入れることでした。
今週も引き続き、次のステップへと歩を進めることにしましょう。

グッドバイブスなコミュニケーション

【グッドバイブスなコミュニケーション】76億分の1の違いと個性を受け入れる

Avatar
著者:倉園佳三

第1話と第2話で「攻撃」と「コミュニケーション」の違いを見てきました。
身体という単位で孤立している私たちは、互いを攻撃し合うことで、分離の度合いをますます深めていきます。これが、「なるべくなら他の人との関わりを最小限にしたい」「ひとつになるなんて絶対にゴメンだ!」と考えたくなる理由です。
その同じ切り離された身体を、互いの考えや気持ちを伝えるために使う行為がコミュニケーションです。これによって自分と他の人のあいだに「つながり」が生まれ、とくに意図せずとも「ひとつ」の状態に導かれていきます。
ただ、私たちは最初から相手を攻撃したいと望んでいるわけではありません。多くの場合、相手を理解したい、自分をわかってほしいと思いながら穏やかに会話を始めます。
にも関わらず、なぜか双方の心には苛立ちが生まれ、気がつけば「コミュニケーションのフリをした攻撃」の応酬に終始してしまうのです。
ではどうすれば、分離を生まない真のコミュニケーションが実現できるのでしょうか。今話からはその答えを探る旅を始めようと思います。

グッドバイブスなコミュニケーション

【グッドバイブスなコミュニケーション】「ひとつ意識」と真のコミュニケーション

Avatar
著者:倉園佳三

前話では、「ひとつになる」という言葉に抱いてしまう嫌悪感をヒントに、なぜ私たちは、他の人との関わりを最小限にしたいと思ってしまうのかを考察しました。
その原因は、誰もが過去に幾度となく受けてきた、
「コミュニケーションのフリをした攻撃」
です。
では、攻撃ではない真のコミュニケーションとはいったいどのようなものなのでしょうか。これが今週のテーマです。

グッドバイブスなコミュニケーション

【グッドバイブスなコミュニケーション】攻撃とコミュニケーションの違いを見分ける方法

Avatar
著者:倉園佳三

昨年の2月に刊行した拙著『グッドバイブス ご機嫌な仕事』や、同名の日刊ブログで紹介してきたグッドバイブスの発想を応用して、私たちのコミュニケーションをもっとしあわせなものに変えられないかと考えました。
具体的には、
・人と話すときにどうしても緊張してしまう。
・管理職になったばかりで、部下との対話がうまくいかない。
・結婚相手が恐くて、家で落ち着けない。
・他の人からの指摘を、必要以上に深刻に受け止めてしまう。
・職場ではヘッドフォンが手放せず、殻に閉じこもりがち。
・プレゼンや営業など、多数の人を相手にうまく話せない。
といった悩みを抱える人が、誰からも分離せずにいられるためのメソッドを書いてみようと思うのです。