レジリエンス強化術

レジリエンスとは、ストレスフルな状況、人間関係をマネジメントし、乗り越えるためのメンタルタフネスやメンタルマネジメント技術の総称です。この連載では、F太やみすこそが実践しているレジリエンス強化術をご紹介します。

レジリエンス強化術

「最悪なコンディションの一日」の過ごし方

Avatar
著者:F太

二日酔いでだるい、バイオリズムが落ちていてやる気がでない、など、どうしても調子が上がらない、全くやる気が出ない日ってありますよね。そういう日をどうやって過ごすのがベストなのか?答えは「最悪のコンディションだけど、がんばらずにできることだけ淡々と実行する」です。

レジリエンス強化術

「イライラ」活用法。無駄ルールを断捨離する

Avatar
著者:F太

例えば時間を守らない人を見るとイライラするなら、「時間はきちっと守らなきゃいけない」という自分ルールが、自分自身をも苦しめている可能性が高い。自分は当たり前に時間を守るけど、友達が遅刻してきても別に気にならないし、むしろそういう隙間時間で本読むの好き、って人だって大勢いる。

レジリエンス強化術

ゲームのように自分を褒める仕組みづくり

Avatar
著者:F太

ゲームが楽しいのは、ものすごい勢いで褒めてくれるからだ。敵に攻撃が命中した時の効果音、バトルが終わった後のレベルアップなどなど。自分のことを褒めているか、成長や蓄積が実感できる仕組みが生活の中にちゃんとあるか。ゲームが好きな人ほど、そういう仕組みづくりを大事にした方が良い。

レジリエンス強化術

「ぐるぐる同じことで悩む」のをやめる方法

Avatar
著者:F太

毎日同じことを考えてるな、悩んでるなってときは、このループしている思考に足りない情報は何か、って考える。同じ思考を繰り返しているときは思考の材料が足りていない。そういう観点から自分の今読むべき本とか、やるべきことに優先順位をつけると、思考のループを螺旋に変えることが出来る。

レジリエンス強化術

「やる」か「やらない」かで悩んではいけない理由

Avatar
著者:F太

「やる」か「やらない」かで思い悩んでいるときというのは、常に広く薄くエネルギーを消耗し続けていて、精神にかかる負荷がとても高い状態だ。こういう時は仮決めでもいいから「やる」と決断してしまうのが良い。今回はこの「決めてしまう」ことについて解説しよう。