仲間と一緒に夢を実現する

この連載では一人でストイックに努力するのではなく、人と繋がり、人を巻き込んで、人と一緒に夢を実現するコツについて語ります。信頼できる仲間と相乗効果を発揮しながら活動すれば、より効率的かつ効果的に自分の望みを達成できるかもしれません。いえ、恐らく、自分が想像していた以上のことを成し遂げられるでしょう。

仲間と一緒に夢を実現する

契約や仕組み化より信頼関係をベースにした方が効率が良い

jMatsuzaki
著者:jMatsuzaki

多くの仕事は雇用関係をはじめとする契約を前提として進んでいます。事前に事細かに作業時間や担当範囲、金銭的な報酬を条件として決めておいて、その合意を根拠として作業を進める形です。もう1つのやり方もあります。同志との絆をベースとした信頼関係に基づいてプロジェクトを進めることです。この方法はより効率的かつ効果的に物事を進めてくれます。

仲間と一緒に夢を実現する

インターネットでつながる仲間との絆が新しい新しい資産を築く

jMatsuzaki
著者:jMatsuzaki

インターネットによる情報発信によって仲間と繋がり、共同でタスクをこなすことで同志を作っていく取り組みは、将来への投資となる無形の資産を蓄積します。人生100年時代の働き方について書かれた名著「LIFE SHIFT」(ライフ・シフト)では「変身資産」と呼ばれているものであり、これからのマルチステージ型の人生において重要な資産となります。

仲間と一緒に夢を実現する

共同でタスクに取り組むことで絆を深める

jMatsuzaki
著者:jMatsuzaki

興味の持てる人、志を同じくする人と繋がることができたら、次にやるべきは絆を育むことです。人との絆を育むのは、共同でタスクに取り組んだときです。アドラー心理学では仕事や愛と並んで、交友はタスクだと説きます。仕事のタスクだけでなく交友のタスクをこなすことでより良い結果を生み出せるようになるのです。

仲間と一緒に夢を実現する

契約より興味で繋がる人を増やす

jMatsuzaki
著者:jMatsuzaki

工場や会社や広告とはまったく違うやり方で、インターネットによって生み出された部族が多くの人々を統一行動へと駆り立てて、世界を変えてきたといいます。それは、人の意に沿わないことを無理やりやらせるからではなく、互いに純粋に繋がりあいたいと思っている人々の集団だからです。インターネットが作り出すつながりの特徴的な点は、「契約」ではなく「興味」で繋がることができる関係である点です。

仲間と一緒に夢を実現する

一緒に働く人を自分で選ぶ働き方へシフトする

jMatsuzaki
著者:jMatsuzaki

今回は一緒に働く人を自分で選ぶ大切さについて語ります。従来型の就職活動の致命的な欠陥は、一緒に働く人をほとんど選べないことです。しかし、まず一緒に働く人を選び、それから業種を選ぶ方がずっと自分の力を発揮できますし、長期的に生産性を維持できて、幸福感も高くなるでしょう。

仲間と一緒に夢を実現する

習慣は感染するので、望ましい習慣を備えた人から感染されに行く

jMatsuzaki
著者:jMatsuzaki

習慣術には取り組むハードルを徹底的に下げる方法や、毎日少しずつ進める方法、記録を通して生活改善する方法や、小さな習慣を大きな習慣に育てる方法など、様々な種類のメソッドが存在します。なかでも強力な特効薬になる可能性を秘めているものとしてオススメしたいのは「仲間と一緒に取り組むこと」です。