第10話 安全な「居場所」を求めて

佐々木 正悟

著者:佐々木 正悟

この「何があっても私を認めてくれる居場所」こそが、かつての日本人がもっていた「甘えられる場所」というものなのです。ここから放り出されるということは、崖から突き落とされるようなもので、扁桃体モードに入ってしまって当然です。 人間、とくに日本人の場合、上司から怒られるというのは、命を狙われる不…

このライフハックを共有

記事の感想や、キャプチャを活用したシェアなど大歓迎です!

Twitterではハッシュタグ「#CHANGES感想」も是非ご活用ください!

ABOUTこの記事の著者

佐々木 正悟

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。 1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。2005年に帰国。 帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行う。 著書に、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(日本実業出版社)のほかに『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(中経出版)『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』(ソーテック)など。