第3話 子連れ留学号が発車した

「ほらね、だから言ったやろ。俺の親は俺のことが大嫌いなんや。死んだほうがマシやねん」そのまま黙りこくった中学3年生を自分の家に連れて帰った。 2歳の我が子をおんぶして引き取りに行ったことでA君は何か感じたのか、心を開いて...…

このライフハックを共有

記事の感想や、キャプチャを活用したシェアなど大歓迎です!

Twitterではハッシュタグ「#CHANGES感想」も是非ご活用ください!