第1話 レジリエンス強化術 みすこその場合

Avatar

著者:F太

今回はレジリエンス(逆境を乗り越えるメンタル的な能力)についてのお話です。

共に豆腐メンタルであるみすこそとF太。ほんのちょっとした仕事の失敗や、上司のツッコミですぐにへこたれます。

そんな二人には、己の絹豆腐メンタルを守るために、密かに実行していたハックがありました。

今回はそのみすこそバージョンを本邦初公開いたします。




人間は「自分」を分割する能力を元々備えている

あまりに辛い出来事に遭遇すると、人格が分裂し多重人格となる場合があるそうです。実際に精神症例として『精神障害の診断と統計マニュアル』に記載されています。

解離性同一性障害

誰に教わったわけでもなく、人間には極度のストレスがかかる状況から自分の身を守るために、別の人格を作り上げる能力が備わっているようなのです。

自分と、自分の仕事を切り離すというみすこそさんのハックは、人間に予め備わっているストレスマネジメント能力を活用しているといえるのかもしれません。

F太も似たようなメンタルハック術を実は昔から活用していて、次回はそちらを紹介したいと思います。

人によってしっくりくるイメージが異なると思うので、みすこそさんやF太の事例を参考に、自分の中でしっくりくるイメージを、何度か練習してみるのをオススメします。

この記事は特別公開記事です。是非CHANGESを購読して、他の記事もお楽しみください。

このライフハックを共有

記事の感想や、キャプチャを活用したシェアなど大歓迎です!

Twitterではハッシュタグ「#CHANGES感想」も是非ご活用ください!

ABOUTこの記事の著者

Avatar

30代。宮城県生まれ。 大学を卒業後、公認会計士の勉強をしながら、Twitterで情報発信をはじめる。 思うように勉強が進まない不安や、試験に落ち、挫折していたときの苦しみの中で、自分自身を奮い立たせるように言葉を綴り、F太(@fta7)のアカウントで発信し続けていたところ、その等身大のメッセージが「心が元気になる」と評判に。たちまちネット上で拡散される。2018年1月現在、フォロワー数は約11万人。過去のツイートから厳選されたものをつぶやく「ひらめきメモ(@shh7)」のフォロワー数は約25万人。現在は、生きづらさを抱えた人へ向けたイベントや、オンラインサロンを運営。Twitterの活用法をアドバイスするコンサルタントとしても活動中。

ABOUTこの記事の著者

misukoso

みすこそ

ADHDの診断を受けながらも、試験勉強方法を試行錯誤し続けた末、公認会計士試験に合格。「全く自分を信用せず素直に他人のやり方をまるパクしたおかげ」と言い切る。 震災直後、被災者にスポットをあてた物語をマンガ化し、ブログに公開。Twitterで話題となり書籍化。印税はすべて被災地に寄付。 現在はマンガ執筆をしながら公認会計士として働く、1児の母。 著書に「いつか、菜の花畑で」(扶桑社)、「マンガでわかるオトコの子の「性」」(合同出版)がある。