第3話 長期目標は「副産物」を得るためにもしっかり設定すべし

Avatar

著者:F太

目標設定はやっぱり大事! 大きな目標をもつと良いことがある。休憩時間のクオリティが上がるのだ。 F太の例でいうと、 F太が公認会計士試験に合格するためには、一日10時間くらいの勉強量が必要だった。最初はイケると思っていた...…

このライフハックを共有

記事の感想や、キャプチャを活用したシェアなど大歓迎です!

Twitterではハッシュタグ「#CHANGES感想」も是非ご活用ください!

ABOUTこの記事の著者

Avatar

30代。宮城県生まれ。 大学を卒業後、公認会計士の勉強をしながら、Twitterで情報発信をはじめる。 思うように勉強が進まない不安や、試験に落ち、挫折していたときの苦しみの中で、自分自身を奮い立たせるように言葉を綴り、F太(@fta7)のアカウントで発信し続けていたところ、その等身大のメッセージが「心が元気になる」と評判に。たちまちネット上で拡散される。2018年1月現在、フォロワー数は約11万人。過去のツイートから厳選されたものをつぶやく「ひらめきメモ(@shh7)」のフォロワー数は約25万人。現在は、生きづらさを抱えた人へ向けたイベントや、オンラインサロンを運営。Twitterの活用法をアドバイスするコンサルタントとしても活動中。

ABOUTこの記事の著者

misukoso

みすこそ

ADHDの診断を受けながらも、試験勉強方法を試行錯誤し続けた末、公認会計士試験に合格。「全く自分を信用せず素直に他人のやり方をまるパクしたおかげ」と言い切る。 震災直後、被災者にスポットをあてた物語をマンガ化し、ブログに公開。Twitterで話題となり書籍化。印税はすべて被災地に寄付。 現在はマンガ執筆をしながら公認会計士として働く、1児の母。 著書に「いつか、菜の花畑で」(扶桑社)、「マンガでわかるオトコの子の「性」」(合同出版)がある。