第2話 【フォースを使え!】犠牲と奪われている感を手放す

Avatar

著者:倉園佳三

「自分の緊張がマックスまで高まる場面」をひとつ想像してみてください。人生を左右する大一番や、多くの人に注目される大舞台、生まれて初めてのチャレンジなど、なんでもかまいません。 ◎ 極度に緊張した自分のパフォーマンスは何点...…

このライフハックを共有

記事の感想や、キャプチャを活用したシェアなど大歓迎です!

Twitterではハッシュタグ「#CHANGES感想」も是非ご活用ください!

ABOUTこの記事の著者

Avatar

執筆家、音楽家、グッドバイブス・エバンジェリスト 大学中退後、1994年まで音楽家として活動。95年、インプレス刊のIT雑誌『インターネットマガジン』編集部に参加。99年に編集長に就任。2002年に同社を退社。IT系コンサルタント、執筆家として独立すると同時に音楽活動を再開。2010年にクラウドやガジェットの活用をテーマにしたブログ『ZONOSTYLE』を主宰。2015年からは「しあわせに働く」をテーマに、ブログ『ジョン・レノンのイマジンみたいに働く』を公開。2016年に結成したブルーアイドソウル系バンド「蒼いライオン」でボーカル、ギター、作曲を担当。2019年に『グッドバイブス ご機嫌な仕事』(インプレス)を刊行後、グッドバイブス・エバンジェリストとして「完全無欠のしあわせな仕事」を伝導中。 著書に『すごいやり方』(扶桑社)、『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』『グッドバイブス ご機嫌な仕事 』(インプレス)などがある。